クチコミサポーター募集
  • モバイルサイト

ワイルドワン新宿店

アリババ秋葉原店

スラム池袋店

コスメイト新宿店

スラム新宿東口店
マグナムTHEワールド
TOP > マグナムTHEワールド記事一覧 > Vol.6 樹まり子
マグナム北斗が今明かすAV創世記
Vol.6 樹まり子

イヤと言えない


 加藤鷹もとうとう引退したんやなぁ…それなら樹まり子の話でも書きますか。

 覚えてる人も多いと思うけど、まり子は80年代後半にAV業界に旋風を巻き起こした大スター。店を出したり当時最高の契約金を貰ったって話もあったけど、俺が彼女と逢ったのはそんなことになる前の、デビュー2作目やったと思う。

 その頃から売れる子やなと思ったのが第一印象。顔はベッピンて程でもないんやけど、とにかく感じがエェ。

 そして何よりお願いすればやらしてくれそうな、男が嫌いになりようがないタイプやったんよね。実際、撮影終了後に、男優4人にまり子1人…、新宿の俺の行きつけの店に飲みに行ったんよ。

 そこそこ酔うてくると、この後どうしょうかって考えるでしょ。その日、俺はあんまり乗り気やなかったんで、他の男優にお持ち帰りせぇってふったんよ。ところが揃いも揃って行かれへんて断りよんねん。そんなん大の男が4人も揃って誰も誘わないのは相手に失礼やんか。しゃあないから俺が誘いましたよ。これからホテル行こうってね。

 これで断られたら大人しく引けばよかったんやけど、あっさり引けないのが俺の悪いとこで「初めて出会った日にしてこそ男の粋が育つんよ」とか言うていろいろ口説いたら…。気が付いたらホテルで腰振ってたわ。頼まれるとイヤと言えない女なんやね。

 加藤と別れる前にも、忘年会で会ったとき、久しぶりやねって言うてるうちに俺のベッドに寝てたなぁ…。

 エェ女やったわ。 
『その女、変態につき』
戻る